人生ネタ探しブログ☆ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ!

~自分の人生は面白いことばっかりだ!そんな自分の人生を彩る愛すべきネタたち!~

人生ネタ探しブログ☆ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ!

献血へ初めて行く方の不安や疑問を解消します!【よくある質問編】

2018年08月12日 [ おすすめ 不安 全血 成分献血 献血 疑問 解消 ]

こんばんは、こめちゅぶです※

 

最近は、献血に来られる年齢層も広くて、

みなさんのボランティア精神が凄い!と

毎回驚かされています。

 

僕自身は、今回献血80回目を超えたので、

今回初めての献血を考えている方の

よくある疑問に答えていこうと思います。

 

献血が初めての方から、ベテランの方まで

楽しめるように「え?そうなんだ!」という

ネタに使える情報も取り入れていくので、

お楽しみに♪

 

 

スポンサーリンク

献血へ初めて行く方の不安や疑問を解消します!【よくある質問編】

■献血ってどんな種類があるの?

まずは、献血の種類についてです。

一概に献血と言っても、下記の3種類があります。

 

1)全血(200ml)

2)全血(400ml)

3)成分

 

簡単に、どんなものかを書いておきます。

 

まず、1)2)の全血は、共に腕から血液を

採血しますが、その量が200mlか

400mlかの違いです。

 

採血する血液の量は、

あなたの体重によって決まります。

 

でも、400mlはお願いはされても、

断ることもできますので、ご安心を🎵

 

 

そして、聞きなれないのが、

成分献血だと思います。

 

こちらは、まずは全血と同じように

血液を採血しますが、取り出した血液を

遠心分離器にかけます。

 

そして、必要な『成分』だけを取り出して、

他の成分は身体に戻す献血方法です。

(血しょう板や血しょう、などが対象)

 

血液を身体に戻すことに抵抗を覚える人も

多いですが、自分の血液が戻ってくるので、

身体への負担が低く、回復が早いのが特徴です。

 

 

献血へ初めて行く方の不安や疑問を解消します!【よくある質問編】

■どのくらい時間がかかるの?

待ち時間は込み具合によって変わりますが、

献血後の休憩時間はだいたい10分~20分を

目安に考えてください。

 

そして、献血にかかる時間は、

種類により大きく異なります。

 

1)全血(200ml)

 

だいたい15分で終わりです。

マンガを読みだして、マンガの世界に

ハマる前に終わります。

 

初めての献血は緊張するはずなので、

15分でも長く感じるかもしれませんが、

慣れてくると、『え?もう終わり?』と

物足りなさも感じるかもしれません。

 

初めての献血をお試しでというのであれば、

こちらがおススメです。

 

あぁ、こんな感じなんだ~🎵と

イメージできると思います。

 

ただ、男性ですと400mlを

お願いされるケースが多いため、

400mlを受けても問題ありません。

 

もちろん全血(200ml)で

物足りない方は、400ml提供して

世の中の血液を必要としている方を

助けてあげてください❕❕

 

 

 

2)全血(400ml)

だいたい15分~30分で終わります。

マンガを読みだして、マンガの世界に

ハマりだしたあたりで終わります。

 

30分ほどかかりますし、

採血をした血液パックを見ると

献血をした実感が沸くかもしれません。

 

400mlの採血をすると、

少し身体がフワッとする方もいるそうです。

 

ちゃんと事後のドリンクを飲んで、

水分補給をして、お菓子を食べて

糖類の補充をしてくださいね!

 

 

3)成分献血

成分献血は、一度採決した血液を

遠心分離機という成分ごとに分ける高価な機械を

通して必要な成分だけを分取します。

 

そして、それ以外の成分を身体に戻すので、

全血に比べて時間がかかり、

採血量により40分~1時間強かかります。

 

スポンサーリンク

献血へ初めて行く方の不安や疑問を解消します!【よくある質問編】

■次はいつから献血ができるの?

次回の献血ができるタイミングは、

全血と成分献血で分かれます。

 

全血は、6か月後

成分献血は、2週間後

 

と大きく差があります。

 

これは、全血の方が身体への負担が

大きく、身体が血液をつくり戻るまでに

時間がかかることを表しています。

 

献血回数を多くやっている人は、

この成分献血を多く実施している方が多いです。

 

成分献血と全血どちらが良いか?というのは、

正解はないので、あなた自身の状況に合わせて

選択すれば良いと思います。

 

僕は、最近はフラっと献血に行くので、

その時にできる方法で献血をしています。

 

 

 

献血へ初めて行く方の不安や疑問を解消します!【よくある質問編】

■献血バスでできるのは?

全血のみです。

 

献血バスは皆さんが見たことがあるように、

イベントや学校、企業などに出張して

献血を募っています。

 

そこで、30分程度ならまだしも、

1時間半時間がかかります!と言われたら、

「それだったらやめておきます」と

言われかねないですよね・・・

 

それもあり、献血を募る側も献血をする側も

手軽にできる全血を実施しているわけです。

 

 

 

献血へ初めて行く方の不安や疑問を解消します!【よくある質問編】

■なんで毎日献血を募集しているの?

街中を歩いていると、街頭で献血募集の

看板をもって毎日のように募集しているのを

見かけると思います。

 

特に平日の水・木曜日に多いのですが、

なぜだかご存知でしょうか?

 

実は、採血した血液は

検査後に冷凍保存されるのですが、

それでも鮮度がもつのは『3日』なのです。

 

そうすると、献血ルームを訪れる方が多い

土曜・日曜に採血した血液の鮮度が切れるのが

水曜日なのです。

 

また、やはり輸血等が多く必要になるのが

土日なので、単純に採血した血液が足りない

というのも一因としてあります。

 

なので、平日に献血してくれる人は

特に貴重なのです。

 

可能な方は『水曜日』の献血

ぜひご協力をよろしくお願いします😄

 

なお、平日の献血をしてくれる人には

特別なポイントサービスがあったりします。

 

 

 

献血へ初めて行く方の不安や疑問を解消します!【よくある質問編】

■献血ルームは、飲み放題食べ放題?

これは、あっています。

 

献血ルーム内に用意されているドリンクや

お菓子類は好きなだけ食べることが可能です。

 

 

ただ、献血ルームにドリンクやお菓子類が

おいてあるのは、あくまでも献血前後に

身体の水分や血糖値が不足がちになるので、

それを補い、採血による貧血を防ぎ

身体に負担をかけないことが目的です。

 

食べすぎ飲みすぎで

逆に体調を崩さないようにしましょう。

食べすぎ・飲みすぎで太るのも嫌でしょうし。

 

なお、受付時や問診時に直前の食事の時間を

確認されますが、ここは素直に答えましょう。

 

必要に応じて、ドーナツなども支給されます。

 

 

献血へ初めて行く方の不安や疑問を解消します!【よくある質問編】

■最後に

さて、ここまで6項目について

よくある質問や疑問を書いてきましたが、

いかがでしたでしょうか。

 

献血自体は、

あなたが健康で少しの時間があれば

できる行為で、誰かの命を救うことに

繋がる尊い行為』です。

 

 

あなたが普段感じている感謝や

ボランティア精神などを

ぜひ行動で表してみてくださいね!!

 

おすすめの献血ルームです

↓↓↓

おすすめの献血ルーム☆初めてでも安心@東京編

 

長文になりましたが、

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。